AGAの内容と治療方法

バナー

AGAの内容と治療方法

AGAは、男性型脱毛症とも呼ばれており、男性の薄毛の大半を占めている症状です。

思春期以降に分泌量が増加するテストステロンの一部が、額から生え際の毛根に存在している還元酵素により変換されてDHTという物質になります。

DHTは、男性性器の成長に関与する物質ですが、毛乳頭の受容体と結合する事により、頭髪の成長サイクルに影響を及ぼします。
これにより成長期が極端に短くなってしまうので、頭髪はすぐに抜けるようになってしまいます。



また、休止期から成長期へスムーズに移行しなくなるので、抜けた状態からなかなか回復しないという現象が起こります。

オールアバウトの情報がてんこ盛りのサイトです。

DHTが生産されている限り症状は進行するので、毛根は再数的には機能しなくなります。

露出した地肌の面積が拡大する事になり、外見的なイメージは大きく変化する事になります。AGAを改善するためには、原因物質であるDHTの生産を抑制しなくてはなりません。

頭髪の成長を促進する様な育毛剤を使用したとしても、頭髪の成長サイクル自体が狂っているので、十分に成長する前に抜け落ちてしまうからです。

DHTの生産に関与している還元酵素の働きを阻害するという治療薬が登場しており、AGA治療を行っている医療機関で購入する事が出来ます。この治療薬はプロペシアという商品名で、内服薬という事から飲む育毛剤と呼ばれています。

世界60カ国以上で使用されており、3年間使用した場合の改善率は約80パーセントと報告されています。