AGA治療薬プロペシアの効果

バナー

AGA治療薬プロペシアの効果

AGA治療薬のプロペシアは、アメリカで開発されたフィナステリドを主成分としています。
フィナステリドは、前立腺肥大の治療薬として研究開発された成分であり、DHTという物質の生産に関与している還元酵素の働きを抑制します。
DHTは、男性ホルモンの一種であるテストステロンの一部が、還元酵素により変換された事で生産される物質です。


毛根の内部にある毛乳頭細胞の受容体と結合する事で、頭髪の成長サイクルを狂わせてしまいます。

また、皮脂の分泌量も増加させるので、頭髪の成長を著しく妨害する事になります。



AGAは、このDHTによる脱毛症の事で、男性の多くが悩みを抱えている症状です。

DHTの生産に関係している還元酵素は、額から頭頂部にかけての毛根に分布しています。このために、この部分の頭髪が薄毛となってしまうのがAGAの特徴です。

中年男性の薄毛に多く見られるタイプであり、皮脂の分泌量も増加しているので、テカっている様にも見えます。

プロペシアによりDHTの生産が抑制されるので、頭髪の成長サイクルと皮脂の分泌量が正常な状態に回復します。

正常な成長が可能となると共に、頭皮のテカリも改善される事になります。

ただし、頭髪自体の成長に直接関与するわけではないので、AGA以外の薄毛に対しての効果はありません。

産経ニュース情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

また、DHTは男性性器を成長させるという働きがあるので、未成熟な段階での使用は禁止されています。



妊娠中の女性は服用すると胎児に副作用が生じるので、購入する事は出来ません。